ニードルパッチは「ほうれい線」に効果がない

更新:

著者イメージ

保湿効果の高い美容成分として代表的な「ヒアルロン酸」。人間の体内に存在し、肌のハリや弾力を保つために重要な役割を果たします。

化粧品にも当たり前のように含まれている成分ですが、シート状のニードルパッチが登場したことで、塗る時代から貼る時代なんて言われるようになりました。

しかしながらニードルパッチは、ほうれい線に効果がないなんて噂も。エイジングケアに力を注ぐ女性にとって気になる情報ですよね。

今回は、ニードルパッチがもたらすほうれい線への効果の真相と、おすすめ商品について解説します。

ニードルパッチで、ほうれい線を薄くしたい女性は必見ですよ。

ニードルパッチ ほうれい線 効果ない

ほうれい線が気になる著者

まず注目したいのは、ニードルパッチがほうれい線へもたらす効果の仕組みです。

小鼻から口角にむけて刻まれる斜めの線は、若くても笑ったときに現れます。ですが、年齢を重ねると無表情であってもくっきりとした線が入るため、見た目年齢を老けさせてしまう原因に。

加齢によって肌内部のハリを保つ成分が減少すると、濃く深く刻まれるのが特徴的です。

針状に加工された美容成分がシート状になっているニードルパッチは、肌の奥深く角質層までしっかりとヒアルロン酸を届けます。不足した美容成分を人工的に補うことで、ほうれい線に良い変化を期待できるのです。

しかしながらニードルパッチは、ほうれい線に効かないといった噂も耳にします。実際に体験した人がどのように感じているのか、以下の項目でリアルな口コミ評判について確認していきましょう。

ニードルパッチ ほうれい線 効果ない 口コミ

悪いコメントをする女性02

ほうれい線をめがけて斜めにシートを貼るのが難しい。肌がベタベタしているとシートがすぐに剥がれてしまい、うまく使えません。

悪いコメントをする女性02

1日で良い変化を期待するのは難しいです。継続して使用しなければ、ほうれい線への効果が期待できません。

ヒアルロン酸ニードルパッチの商品は数多く販売されていますが、どの商品もシートを貼るのが難しいといった声が挙げられます。

スキンケア後の肌がベタベタしている状態だと、ニードルパッチを密着させるのが難しいかもしれません。シートに貼り付けられたニードルが完全に溶けるまでには時間がかかるため、すぐに剥がれてしまう状態だと良い変化を実感できない可能性も。

また、シートを密着させるのに成功してマイクロニードルを浸透させることができたとしても、短期間で劇的な違いを期待するのは難しいでしょう。スペシャルケアとして継続的に使用するのがおすすめです。

ニードルパッチ ほうれい線 効果ある 口コミ

良いコメントをする女性02

スペシャルケアとして取り入れていたら、ほうれい線が薄くなった。頬のたるみや毛穴のたるみも引き締まった気がします。

良いコメントをする女性02

寝ているあいだにヒアルロン酸を浸透できるのが便利。翌朝はふっくらとしていて、気になる線が薄くなっていました。個人的には即効性があると感じます。

良いコメントをする女性02

ほうれい線が乾燥からくる小じわであれば、すぐに即効性を発揮。たるみによるシワなら改善されるまでに時間がかかるかも。いずれにしても、ほうれい線撃退に手放せない商品です。

ヒアルロン酸ニードルパッチの口コミ評判は、決して悪くありません。むしろ嬉しい変化を実感できた人がたくさんいます。

シートを密着させるのにコツは必要ですが、正しく使用することで「ほうれい線が薄くなった」このように実感できるケースは多いでしょう。

美容成分が角質層に浸透すれば肌がふっくらし、毛穴に対しても良い変化を期待できるかもしれません。

ニードルパッチ ほうれい線におすすめランキング

最近では、ドラッグストアでも見かけるようになったニードルパッチ。自宅のセルフケアでほうれい線を改善できるなら、試してみたいと考える方も多いでしょう。

しかしながら、ニードルパッチにも種類があります。どの商品でも、同じような変化が期待できるわけではありません。

まずは、口コミ評判の良い以下の3つの商品の特徴についてみていきましょう。

1位 ニードルパッチ メディリフト3Dマイクロフィラー

メディリフト3Dマイクロフィラー

メディリフト3Dマイクロフィラーは、左右それぞれのシートに約1,000本のヒアルロン酸ニードルで形成されています。

小鼻に沿うような形のシートは、ほうれい線にぴったり密着すると好評です。

美容大国の韓国で特許を取得した成分を配合しているだけあり、特殊な加工されたヒアルロン酸が肌の内部で長くとどまります。乾燥小じわに対する即効性はもちろんですが、継続して使用することにより良い変化を期待できるようになっています。

また、非常に細くて小さなニードルは、肌に負担をかけません。針と聞けば痛みを連想する方もいますが、利用者の多くは快適に使用できているのも、おすすめできるポイントです。

配合成分やシートの形状にこだわるのであれば、メディリフト3Dマイクロフィラーは最適ですね。

メディリフト3Dマイクロフィラーの配合成分

メディリフト3Dマイクロフィラーは、有効成分にヒアルロン酸を配合しています。公式サイトに記載されている全成分は次のとおりです。

「ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸クロスポリマー-2-Na、加水分解コラーゲン、アミノ酪酸、合成ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、アセチルヘキサペプチド-8」

保湿成分や整肌成分が、たっぷりと配合されています。

2位 マイクロニードルパッチ ニードロップ【NEEDROP】

マイクロニードルパッチ ニードロップ

続いて紹介するのが、マイクロニードルパッチ「ニードロップ」です。累計販売枚数は17万枚を突破。創業93年の歴史ある会社から発売されている自信の商品です。

実際に使用したモニターのアンケート調査では、満足度がなんと97%。リピート率の高さから満足度に優れているのがわかります。

さらに注目したいのはニードルの本数。ニードロップは、1シート1,800本のマイクロニードルで形成されています。肌内部へ隙間なく届けられる仕組みは、利用者からも好評です。

ニードロップの配合成分

ニードロップも有効成分はヒアルロン酸です。配合成分は非常にシンプルで、以下のようになっています。

「ヒアルロン酸Na、グリセリン、水、サクシノイルアテロコラーゲン、バニリルブチル、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」

なお、配合成分のサクシノイルアテロコラーゲンは保湿成分、バニリルブチルは肌を整える成分です。

詳しくは公式サイトで↓
マイクロニードルパッチ【ニードロップ】

3位 マイクロニードルパッチ【Bi-hari】

マイクロニードルパッチBi-hari

3つ目は、マイクロニードルパッチBi-hariです。この商品最大の特徴は、オンライン診断によって悩みのパーツを明らかにし、自身の肌悩みに合わせたマイクロニードルパッチが選べるところ。

必要な成分をしっかりと診断できるため、自分に最適なケアができると好評です。

しかしながら、ほうれい線に特化した商品ではありません。肌診断の手間も考えると、時間をかけて自分にぴったりなニードルパッチを選びたいときに最適です。

公式サイト:Bi-hari(ビハリ)

マイクロニードルパッチ【Bi-hari】の配合成分

肌診断の結果をもとに最適なシートが選べるマイクロニードルパッチBi-hariは、有効成分として保湿成分のヒアルロン酸が含まれています。

その他の美容成分は人によって異なるため、配合成分が気になる方は問い合わせてみるのが良いでしょう。

安いのは?薬局で買える?

前述した3つの商品はいずれも薬局やドラッグストアでの購入は不可です。通信販売でのみ入手できる商品になります。残念ながら、オンラインショップ以外では入手できません。

また価格に関しては、自動お届けコース(定期便)でお得になるメディリフト3Dマイクロフィラーか、初回特別価格で購入できるニードロップが安いでしょう。

マイクロニードルパッチBi-hariに関しては、通常購入だと割高になります。こちらに関しても定期コースを活用するとお得です。

なお、メディリフト3Dマイクロフィラーの定期コースは、4回の継続がお得な価格で購入するための必須条件になります。長期的な使用で、良い変化をしっかりと実感したい方に最適です。

ニードルパッチ ほうれい線 使い方

ニードルパッチの用途はさまざま。目の下の小じわ対策や、頬の毛穴が気になる部分にも活用できます。

ですが、ほうれい線に使用する場合はちょっとしたコツが必要です。なぜなら、しっかりと貼らないと剥がれてしまう可能性があるからです。

ここでは、前述した3種類のニードルパッチ、それぞれの使い方についてみていきましょう。

ニードルパッチ メディリフト3Dマイクロフィラーの使い方

ニードルパッチ メディリフト3Dマイクロフィラーを使用する場合は、以下のステップをしっかりと守ることが大切です。

  • 手や顔に付着した余分な油分を拭き取る
  • ケースからニードルパッチを取り出し、保護テープを剥がす
  • 小鼻から口角につながる斜めの線状にシートを軽くおく
  • 指でシートぴったりと密着させる
  • そのままの状態で4時間以上放置する

特に気をつけたいのは、シートを貼る前に余分な油分を拭き取る点。この工程を省いてしまうと、シートが密着しない可能性もあります。

途中で剥がれてしまうと、有効成分のヒアルロン酸が角質層へ十分に浸透しません。

軽くティッシュオフをした状態で、シートを装着するようにしてみましょう。

マイクロニードルパッチ ニードロップ【NEEDROP】の使い方

マイクロニードルパッチ ニードロップは、就寝前に使用するニードルパッチです。以下のステップで正しく貼り付けてから、就寝するようにしてください。

  • 洗顔後に基礎化粧品で肌を整える
  • 乳液やクリームなどの余分な油分を軽く拭き取る
  • 保護プレートを剥がしてから、ほうれい線部分に密着させる
  • シートの上を指で軽く押して密着力を高める
  • シートを密着させた状態で就寝する

特に難しいポイントはありませんが、やはり乳液やクリームの余分な油分は取り除くのが良いでしょう。

翌朝目が覚めたら、シートを剥がしてから洗顔してくださいね。

マイクロニードルパッチ【Bi-hari】の使い方

オンライン肌診断によって、自分にぴったりなタイプのニードルパッチが選べるBi-hari。配合成分はシートによって異なるものの、使用方法は以下のステップすべて共通しています。

  • 洗顔後に化粧水や乳液で肌を整える
  • 肌の表面が乾くまで待つ
  • ニードル部分に触れないようにケースからパッチを取り出す
  • ほうれい線に貼りつけたら密着するように指で押す
  • 数時間放置もしくは就寝して翌朝剥がす

シートを貼る前は通常通りのスキンケアになりますが、肌表面がべた付いている状態だと剥がれてしまう可能性があります。

肌の表面が乾くまで時間を空けるか、余分な水分と油分をティッシュオフで取り除くか、シートを貼る前にいずれかの工程が必要になるでしょう。

なお、剥がす際には肌に負担がかからないようにゆっくりと優しくを心がけてくださいね。

ニードルパッチの使用頻度

ニードルパッチは、毎日使用するものではありません。週末のスペシャルケアとして取り入れる人がほとんどです。

そのため、使用頻度の目安としては週に1回程度。やりすぎてしまうと肌に負担をかける恐れもあるため、毎日のお手入れではなくスペシャルケアとしての使用を心がけるようにしましょう。

デートの前や、女子会の前といったイベントの前日にシートを貼ってから就寝するのがおすすめですね。

まとめ

今回は、ニードルパッチはほうれい線に対して効果がないのか、口コミ評判を中心にご紹介しました。

では、今回の内容について改めて振り返ってみましょう。

  • ニードルパッチは肌表面にべたつきがないのを確認してから貼る
  • ニードルパッチを貼った後は浸透するまで数時間放置する
  • 即効性は期待できるものの短期間の使用で大きな変化を得るのは難しい
  • ニードルパッチをほうれい線に使用する場合はコツが必要
  • ニードルパッチの使用頻度は週に一回程度

ニードルパッチとして販売されている商品の多くは、有効成分がヒアルロン酸です。極細のマイクロニードルでヒアルロン酸を浸透させるため、強い痛みを伴う心配はありません。

「ほうれい線が目立つ」「乾燥小じわが気になる」このようにお悩みの方は、ぜひこの機会にニードルパッチでスペシャルケアを始めてみましょう!